よくある質問と答え 入社してからについて

(Q)休みはきちんと取れますか?
(A)所定の年間休日(107日/平成29年組合妥決)だけでなく、休暇を含め取得可能です。所定休日の内、毎週水曜日および夏期・年末年始の店舗一斉休日にはショールーム自体をクローズしていますので勝手に働こうとしても基本的には無理です。更に、有給休暇を半日単位で取得できるようになっていますが、これは「社員が少しでも気軽に申請できるように」との配慮からこのような規定となっています。少なくとも会社としては、一切サービス出勤を奨励するようなことはしていませんので、安心してください。但し、冠婚葬祭などのイベント事が無くても、理論上は年間休日に初年度の有給休暇(10日)を加えた117日を休日とできる訳ですが、現実問題として従業員のプライベートな時間に会社として口を挟む訳にはいきませんので、実際に何日休めるのか?は、皆さん自身の価値観に左右されるのではないでしょうか?

(Q)配属や勤務地に本人の希望は反映されますか?
(A)殆どの場合、無理です。特別な事由(身体的な問題や家庭の事情など)がない限り、各部署・店舗の人員計画に基づき配属が決まります。ただカローラ姫路の場合 次の2点により、ある程度限られた配属先が想定されます。
(1)地域密着型企業であることから、勤務地の範囲が限られている点(兵庫県西北部のみ)
(2)通勤費の支給が、¥100,000を限度として全額支給となる点(コストの問題)

(Q)転勤はありますか?
(A)あります。ただ、営業スタッフの場合は、基本的に転勤がマイナス材料となるケースが多く見受けられますので、一部業界のように「2~3年に一度は…」といったようなことにはなりません。

(Q)海外勤務はありますか?(英語などの語学力は必要ですか?)
(A)ありません。(英語力なども必要ありません)勤務の範囲は、出向を除き店舗案内に表記された範囲です。稀に在住の外国人の方もショールームにお見えになりますが、殆どの場合、日本語+片言の英語である程度 意思の疎通は図れます。

(Q)異動にどの程度希望がかなえられますか?(入社して営業を経験した後、企画部署に異動できますか?)
(A)具体的な他社との比較は難しいですが、反映され易い会社だと言っても差支えないでしょう。カローラ姫路は、人事制度の一翼として自己申告制度を設けています。これは年1回(5月)に新入社員と管理職を除く全社員が、会社に対して仕事や将来についての色々な思いを申告するものです。上司だけでなく、その上司、また担当役員、社長までが目を通 す資料となりますので、比較的ダイレクトにTop層に思いが届く会社です。

(Q)採用時の職種によって、損得がありますか?
(A)ありません。カローラ姫路は、能力主義をベースに全社員が同一の賃金テーブルで処遇されていますので、職種に応じた能力を発揮していただければ、それに見合った昇給・昇格・賞与が与えられます。

(Q)女性に不利な点はありますか?
(A)ありません。チャンスは平等に与えています。但し、結果的に「女の子だから…」といった甘えは一切通 用しませんので、覚悟は必要かも知れません。もちろん「重い荷物があれば、男性と同じように運びなさい」ということではありません。ただ単に与えられた事務を処理するのではなく、真剣にキャリアを考え仕事をする必要があるという事です。

(Q)女性の場合、結婚退職が当り前(暗黙の了解)なのですか?
(A)結婚しても本当に続けて欲しいと考えています。平成29年2月現在で、16名の既婚女性社員が在籍しており、そのうち2名が現在育休中で、9名はすでに産休・育児休業を経験しています。また育児の関係上、短時間勤務をしている社員もいます。カローラ姫路としては、結婚による離職は あくまでも社員本人と配偶者の価値観の問題と考え、社員自身の判断に任せていますが、色々な立場の人が社員として在籍することは、基本的にプラス材料だと思いますので、できれば続けて欲しいというのが本当の所です。

(Q)パソコンを使用する能力は必要ですか?
(A)必要ありません。確かにカローラ姫路でも、営業スタッフについてはPALというシステムを載せたノートパソコンが一人1台貸与されますし、技術職であってもai21というシステムを利用することになりますから、パソコンに馴染んでいる方が便利かも知れませんが、いずれも必要な機能と情報が組み込まれた扱い易いシステムで、ボタンをクリックすれば必要な画面 にジャンプしていくような簡単なものです。本部各部署に異動となれば、Access・Excel・Outlook・PowerPoint・Wordなどを利用して仕事することになりますので、今の段階である程度の知識とテクニックをお持ちの方が便利でしょうが、システムエンジニアになる訳ではありませんので、入社後のOJTなどで充分対応できる範囲だと考えています 。

  1. よくある質問と答え 入社してからについて